スポーツ観戦が好きで今は、甲子園の観戦が毎年の恒例行事です

様々なスポーツが好きで見ています。

サッカー、バスケ、野球、テニス。話題のスポーツの話はだいたいついていけます。

最近特に、はまっているのは、野球です。

甲子園では、感動する試合がいくつもありました。中でも今年一番の名試合は、大阪桐蔭対仙台育英。

大阪桐蔭は、春夏連覇がかかっていただけに負けられないプレッシャーで戦っており、甲子園優勝するまでの戦いになってしまったのかなと思いました。

両チームとも投手が粘り終盤まで0対0で進む緊張した試合展開で、大阪桐蔭が1点入れた時には、やっぱりなと思ったことでしょう。

しかし、ドラマは9回裏2アウトから急展開となりました。

2アウトの場面でショートゴロかと思われ、誰しも大阪桐蔭の勝利に間違いないと思った瞬間に、1塁手の足が離れておりセーフに。

なんてことでしょう。2アウト満塁から代打で3年生が登場。2年生投手対3年生の代打。

どちらにも負けて欲しくない展開で、3年生の意地というか気持ちが勝ったのでしょうか、サヨナラヒット。

打った3年生が堂々としてかっこよく、負けてしまった大阪桐蔭のメンバーも泣いている姿がかっこよかったです。

来年の甲子園に大阪桐蔭の投手が帰って活躍してくれることを期待しています。

こういうドラマがいつ起こるかわからないからやめられないんですよね。

アイキララ 楽天

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です