結婚祝いの金額の決め方とマナーについて

結婚祝いを贈ったことありますか?

人生でも最もおめでたいイベントという結婚へのお祝いなので、心をこめた「おめでとう!」の気持が大切ですよね。

でも、ただ誠心誠意の贈り物をすればいいかというと、そうでもなさそうです。

日本の場合は、冠婚葬祭には作法というものが切っても切れないようで・・・。

結婚式や披露宴に招待されたときは、会場の入口で結婚のご祝儀を渡しますが、実際にはお祝いというよりは結婚祝い金という現金を贈ることになります。

でも、一体いくら包めばいいのか?というのは意外に皆さん困っていることのようで、ネットなので調べると祝い金の相場額も調べられますし、周りの人に聞いて金額を合わせるのが普通です。

では、結婚祝い金の相場についてみてみましょう。

結婚のお祝いですから、まず「別れ」をイメージさせるものはタブーです。

ですから、例えば偶数の金額、2万円などは割り切れてしまう=別れを連想させるとされ、マナー違反となります。

1万円や3万円、5万円などの割り切れない奇数の金額を贈るのがマナーということですね。

奇数×◯万円とおぼえておきましょう。

また偶数、奇数を問わず、死を連想させる4や苦労を連想させる9という数字はタブー中のタブーなので、この数字を含む金額は避けましょう。

次に、結婚祝いを渡す相手ガ目上なのか目下なのか、というのも金額を決める事項となります。

この場合は、他の招待客との兼ね合いも考慮する必要があり、5万円の次は7万円ではなく10万円といったように5万円単位で祝い金が定められるケースもあります。

そして、結婚をしたあとの新郎新婦との付き合い度合いも金額に関係してきます。

親族であれば5万円以上が一般的で、友人や知人よりも高く設定されています。

http://xn--28j0bvfzd5j8ay301d.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です