困った、明日のお葬式何を着ていけばいい?

お葬式というのは年齢にもよると思いますが、10代20代の頃にはあまり経験なく知識もほとんどありませんでした。 近い親戚の方が急に亡くなられた時にお葬式に行きましたが、あの時に一番悩んだのがその頃は一人暮らしだったこともあり喪服をもっていなかったので適切な洋服でどの程度の物だと許されるのかという事でした。 次に悩んだのが包むお金の金額です。

正直、そのような時の相場など全く知らなかったからです。 

まず、洋服に関してはすぐに両親に相談し今ある中で無地の黒の上下で組み合わせるので大丈夫だろうとアドバイスもらいました。 まだ不安だった為、職場の上司や同僚にも相談して黒のブラウスに黒のスカート、もしくはパンツでいいとアドバイスしてもらいました。

なのでなるべく清楚な黒のブラウスに黒の優しいフレアースカートを組み合わせました。 

結果としては、近い親戚だった事もあり、気負わない間柄だったので洋服については何の問題もなかったです。

包むお金の金額は全く分からず、職場の人にもお金の話は聞き辛くてしかも当時は今のようにネットで軽く検索など出来なかった時代なので、これは当日に会場で両親に会ってから相談しました。  

二人姉妹なので一人1万円づつで大丈夫だろうということでその通りにしました。  

あとになって私は後悔しましたので、やはり社会人としての知識、教養の範囲として身につけておくべき事柄だったなと思います。 結婚式と違い、お葬式は前触れもなく突然やってきますし、それが会社関係の葬儀かもしれません。 そんなとき、ありあわせのお洋服で出席する訳にはいかないと思います。 なのでやはり社会人になった時点で喪服の一着は購入しておくべきだと思いました。 お香典、心ばかり、などはその関係の深さなどできっと金額は変わる事と思います。こればかりは本当にご遺族に対しての気持ちなので正確な数字はないのかもしれません。 ですが、やはり相談はありますので一つの知識として身につけて置いて損はないと思います。

するっ茶 単品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です