歯のホワイトニングにはポイントがあります

歯のホワイトニングは歯磨きの時にポイントがあります。歯の表面を磨きたいのだから力を入れて磨いてはいけないというポイントです。ここさえ守って、あとは食事のあと30分くらい経ってから歯磨きするように気をつけたらいいのです。

食事のあとすぐ歯磨きした方が歯が白くなるように思うけれど実際はそうではありませんよ。食事のあとは歯が溶けやすくなっているので唾液の力で歯の状態を元に戻す必要があります。

歯が酸性の飲み物や食べ物で溶けやすくなっているのに歯磨きをするのは歯に悪いこと。ちゃんと30分程度時間を空けてから歯磨きすることで歯を良い状態に保つことができます。

酸性の食品や飲み物を摂らなくても食事のあとは歯の状態が少し変化します。だから何を食べても食後30分は歯を磨かず、30分程度経ったところでやさしくブラッシングするのです。このときゴシゴシ歯ブラシの毛先が曲がってしまうほど力を入れる人がいますがそれはダメですね・・・。

歯ブラシの毛先が歯の表面に当たるから歯のホワイトニングが可能になります。そのためには力を抜くことが大事。肩の力と手首の力を抜いてやさしくブラッシングすることでホワイトニングができるのです。

キッチンでも浴室でもトイレでも、掃除用ブラシを使って掃除してみるとこの意味がよく分かりますよ。ブラシの側面が汚れているところに当たっていても汚れは思い通りに取れてくれません。ぜひ試してみてくださいね。

ヤニ取り歯磨き粉の人気ランキングをご紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です