浮気の慰謝料の相場って?訳アリ深刻なケースなんだけど

世間一般に慰謝料という言葉はちらほら聞く言葉ですが実は日本の法律には慰謝料の具体的な数値の基準が決められているわけではないのです
当然のことながらもし裁判になれば裁判官が過去の判例などを参考にしてまたいくつかの事情を吟味した上で慰謝料の金額を決定します

慰謝料というものは法律上で定義されているのは精神的な苦痛を慰留するためのお金となっています
つまりは結婚パートナーが浮気や不倫をしたことによって自分が精神的に辛い思いを受けたからその代わりに慰謝料をもらうことによって解決しようという定義です

そしてさらに浮気が原因で離婚するまでになった場合は結婚パートナーの浮気さえなかったら離婚するためにはならなかった、 浮気のせいでとても辛い思いをするようになってしまった。などと精神的苦痛や経済的損失のレベルは大きくなっていきます

その一方で結婚パートナーが浮気をしたのは事実だが離婚するつもりはないというケースでは取れる慰謝料の金額は少なくなってしまいます
離婚する場合の慰謝料と比較すると離婚しない場合の慰謝料は半分以下だと言われています
この理由なのですが離婚をしないということは関係に与えたダメージはそんなに大きくないものだろうと判断されてしまうのが理由です

また結婚生活が長ければ長いほどダメージの大きさは大きくなると考えられもらえる慰謝料も高額になっていきます
逆に結婚生活が短ければ短いほど浮気によるダメージも小さいものだと判断されて慰謝料は安く抑えられる傾向にあります

浮気 慰謝料請求の仕方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です