ワキの毛を抜いて埋没毛になった!

ワキのムダ毛を脱毛する前は、剃るか抜くかの2択で処理していましたが、剃るだけだと、次に生えてくるのはあっという間です。それで抜いていたんですが、生えてくるまでのタイムラグが出来るメリットはあるものの、異変が起こるようになりました。

ワキの毛が皮膚に埋まって出てこなくなってしまったんです。毛が黒いので生えているのは分かりますが、中で成長して長く伸びています。これは「埋没毛」と呼ばれているそうで、抜くと少なからず起こる現象だそうです。

皮膚を引っ張っても出ません。最終的に方法が見つからず、先の細いピンセットで皮膚を引っ掻いて傷穴を開け、そこから毛を引っぱり出すという荒療治をしました。これで終わるものもあれば、その傷口からばい菌が入って、赤く炎症して部分的に腫れてしまうこともありました。

抜いた部分が腫れて熱を持つと、1週間くらいそれが続き、ようやく完治しました。また1度埋没毛になった部分は、再度同じように埋没することも多く、毛を引っぱり出すために皮膚をこじ開ける、を繰り返してしまう悪循環になりました。まさか抜いただけでこんな困ったことになるとは、思ってもいなかったので、肌や毛穴にとっては、最悪のことをしたと深く反省しています。

最終的には脱毛サロンに通い、ワキがツルツルになったので、今では埋没毛になることはありませんが、抜くと皮膚や毛穴が傷むためか、肌の表面がボツボツした感じの皮膚が残ってしまっているのが心残りです。

やはり毛抜きで抜くのは絶対にNGだと思いました。

すね毛が濃い女性必見!すね毛の永久脱毛おすすめランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です